高く売るためには保存状態が重要になる!

必ず相見積もりを取ること

ブランド品を少しでも高く売るためには、複数の業者に見積もり依頼することが大切です。業者によって、査定価格が異なることは少なくはありません。ひとつの業者だけの価格で手放してしまうと、損をする可能性があります。複数の業者に査定を依頼するのは、面倒だと感じている人もいるでしょう。確かに店舗にいちいち持ち込むとなると、時間や手間がかかりますが、ネットを使用すれば複数の業者に簡単に査定を依頼することも可能です。

メールで見積もりを依頼する際は、商品の画像を必ず添付しましょう。ブランド名やモデル名などについての情報や、商品の状態がよく分かる画像を用意しておけば、複数の買取業者に見積もりを依頼することが出来ます。返信されてくる買取価格の中から、最も高額で買取を行ってくれる業者を選びます。あらかじめ手放そうとしているブランド品の買取相場について調べておくと、よりスムーズです。相場より提示された買取価格が低い場合は、商品の状態に何らかの不備があると考えてよいでしょう。商品に問題がなさそうな場合は、また別の業者に見積もりを依頼してみるのも効果的です。手放してから後悔することのないように、納得できるまで査定を依頼することをおすすめします。

保存状態が効果買取の鍵となる

同じブランド、モデルの商品であっても、その状態によって買取価格は大幅に異なります。付属品が残っているかや、汚れや傷、色あせなどの有無は、買取業者が査定を行う際の重要なポイントです。ブランド品の付属品で、あると好ましいのは、箱や袋などです。さらに保証書については、有るものと無いもので価格に大きな差が生じるでしょう。ブランド品に限らず、どのような商品でもより新品に近いものが高額で取引されています。ちょっとしたタグや包装紙でも、きれいな状態で保存されていると高価買取に近づく可能性があるのです。

ブランドのバッグや財布など、使用頻度が高いと汚れてしまうこともあります。汚れやちょっとした傷が気になって、修理に出す人もいますが、後に売却することを考えている場合は控えた方が良いと言えます。些細な汚れや、傷などは買取業者でも比較的簡単に修理することが可能な場合が多く、査定に影響しないこともあります。査定に出す前に大幅に修理などを行ってしまうと、逆に不自然な跡が残ってしまう危険性があり、ブランドの価値を損なってしまうことも少なくはないようです。大きな汚れや傷は査定に影響しますが、なるべく手を加えずにきれいに使用してよい状態を保てるように心がけることが何より大切です。